• 快適に暮らせる街づくり
  • 教育、子育て環境と高齢者福祉の充実
  • 景気対策と財政再建
  • 郷土の自然と歴史を生かした観光立県
  • その他の話題
  • ご意見・お問合せ

トップページ6月定例会が始まりました。

テーマ:景気対策・雇用・財政再建

6月定例会が始まりました。

6月定例会が始まりました。

昨日、6月24日から6月定例県議会が始まりました。
先月は臨時会ということで会期も3日間でしたが、この定例会は7月19日までの26日間です。


昨日は議会運営委員会開催後、全員協議会を経て本会議が開会されました。
まず、議員提案による議案説明、質疑、討論が行われ議員報酬の削減提案について採決されました。


私たちの会派は、まず先に行われた統一地方選で公約した議員報酬の20%削減について特例の条例一部改正案を提出しました。これはこの任期4年間の報酬を20%削減するものでこれには一部会派をのぞく多数(35/47)で可決されました。
前期までは1年ごとにこの条例の改正を行っておりましたが、今回4年における在任期間中ということで今までよりは踏み込んだ内容となっています。


また、議員定数について一部会派から単独で10議席削減するとの提案がなされましたが拙速な提案に大多数の議員から疑問の声も上がり、否決されました。
もちろん次回の改選までには、必ず定数の削減については実行することは間違いありませんが何の議論もしないうちに、唐突に出されたのには少し驚きました。


以前から報酬と定数について議員の覚悟の問題と訴えてきた私にとって、この6月定例会でまず報酬の件が実行されることになったのは良かったと思っています。
次は議会改革のひとつでもある定数について、各選挙区に差が出ないようにしっかりと議論しそして定数削減に向けて努力して参ります。

コメント

↓コメントをお寄せください。

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

プロフィール

目片しんご 写真

  目片信悟
(めかたしんご)
詳細プロフィール

滋賀県議会議員
・常任委員会:総務・企業常任委員会
・議会運営委員会:議会運営委員会
  • 目方しんごの県政報告
  • 目方しんごの県議会での一般質問の様子
  • 政務活動費 情報公開