• 快適に暮らせる街づくり
  • 教育、子育て環境と高齢者福祉の充実
  • 景気対策と財政再建
  • 郷土の自然と歴史を生かした観光立県
  • その他の話題
  • ご意見・お問合せ

トップページその他の話題その他の話題 全般

テーマ:その他の話題

その他の話題 全般

無事に県政報告会終わりました。

昨日11時から、県政報告会を開催致しました。 1年が経ち、議会の流れや県政の課題、また今後県民の皆さんにとって大変重要な政策などについて、私なりの考えや方向性について約45分間という短い時間ではありましたがお話させていただきました。 特に高校再編や流域治水対策基本方針、また行財政改革の一環として職員給与の問題については県当局と真っ向から議論を戦わせました。 また県議会においてはいち早く、議員報酬の20%カットを行い、更に3年後の改選に向けて議員定数の削減に取り組むことになっております。先に述べた職員給与については知事の再議によって実質給与の引き上げが行われましたが、議員自ら身を切る覚悟をさらに見せないと、私たちの主張も県民の皆さんの理解が得られないと考えています。 財政の健全化は急務であります。ただ、必要な投資を削ってばかりでは今は良くても、今の子どもたちやこれから生まれてくる子どもたちにそのツケが回るのは間違いありません。その責任を負う知事をはじめとする政策責任者はその時には存在しないのです。 それは私たち議会の人間も同じであるという事は言うまでもありません。だからこそ私は大切なお金の使い道を、企業人として学んだ経験で持って県政に活かしたいと考えております。社会保障や防災、また教育や必要インフラの整備など、どれもお金が必要です。そのお金をどうやって確保するか、そこを追求しないと私たちが必要としているものを削られてしまうのです。言いかえれば、我慢しなければいけないことが増えるということです。それを誰が被るのか、言うまでもなく県民の皆さんなんです。 そうならない為に、みんなで知恵を出し、また協力しながら県政の課題について取り組んで参ります。 県政報告会に参加下さいました皆さん、ありがとうございました。また、スタッフの皆さんにも心からお礼申し上げます。 またサイトをご覧いただいた皆さんにも感謝いたします。これからもご意見や、ご指導をよろしくお願い申し上げます。

新たな端末を加えて。。。

新たな年度を迎え、ipadも駆使して情報発信に努めたいと考えています。 間もなく、滋賀県議会 平成24年度新役員も決定し、2年目の活動が スタートします。引き続き滋賀県政に注目してください!

商店街の課題は…

本日、と言ってももう昨夜ですが、地元商店街振興組合の新年会とPTAの集まりに参加して来ました。 今、地域の地元商店街の置かれている現状は、郊外型大型店の進出により非常に厳しい経営環境にあります。それぞれ店舗においては様々な工夫やアイデアを出しながら生き残りをかけて取り組んでおられますが、起死回生となるようなものはなかなかないと言うのが実情だと思いました。 地域の地元商店街であるがゆえにわかる事も数多くあり、昨年に発生した東日本大震災の教訓からも地域のコミュニケーションがいかに大切であるか、を私たちは学んでいます。そうしたコミュニケーションを図る事、例えば買い物をしたりする事などから地域と密着する事で人間関係が構築出来るのではないでしょうか。 また道路や通行問題にはしっかりと取組む必要があると考えています。粗して人が集まる為には交通体系がしっかり確立されなければなりません。 しっかりと知恵を出しながら、頑張ります!

フェイスブックやっています。

昨年からフェイスブックをやっています。身近な話題などアップしていますので、ご覧ください。 また、お友達リクエストもどんどん送ってくださいね。よろしくお願い申し上げます。(^^) facebook.com/shingo.mekata

都市計画審議会に出席しました。

本日、第158回滋賀県都市計画審議会が開催されました。今回、委員に任命され、審議に加わりました。 滋賀県は他の自治体とは違い、しばらくは人口増加が見込める事、また開発行為により住宅地域でありながら市街化調整区域のままの宅地などもあり、それらを市街化区域に編入されました。土地の利用に関わることなので、白熱した議論が交わされました。

県都決戦!未来を切り拓くのは

いよいよ来年1月15日から県都大津の未来を決める、大津市長選挙の火ぶたが切って落とされます。 大津はこの8年間で飛躍的に変わりました。旧志賀町との合併、そして湖西道路の無料化、また合併に伴い人口も30万人を超え、中核市に移行致しました。 そして、中核市移行によって多くの権限と一部財源が移譲され、これからの4年間でその道筋が示される事になります。 そんな難しい状況の中で、現職である 目片 信が3選に挑みます。 今日まで8年間をしっかり検証し、これからの大津を考え、子育て、教育、介護や医療、また希望が持てる景気対策など四世代同居の中で、また現場主義から届いた声をしっかりと反映出来ると期待します!

20111219-171704.jpg

20111219-171733.jpg

11月定例会始まりました。

11月29日より定例県議会が始まりました。知事の提案説明があり、本日は各会派による代表質問があります。 我が会派からは岩佐弘明議員が質問に立ちます。 来年度予算編成に向けて、活発な議論が展開されます。

第29回 北方領土視察団に参加してきました。

10月18日から22日まで、第29回北方領土視察団の一員として、北海道に行ってきました。
初めての北方領土視察です。
以前からこの問題について私なりに問題意識を持っていました。中学生の頃、我が国固有の
領土であるはずの北方4島が旧ソ連に占領されているということに憤りを感じていたのが
始まりでした。

最初に根室市において、議会関係者、行政関係者、そして元島民の方々をはじめとする関係団体
の皆さん方との意見交換、交流をいたしました。
過去からの経緯や今の現状、そして今後の取組など様々はお話をお聞きし、決して根室をはじめと
する北海道だけの問題ではないと、改めて強く感じました。
私たちは今の平和な世の中で失いつつあるものをもう一度見つめ直す必要があるのかもしれません。
北方領土のみならず尖閣問題、竹島問題など近年特に領土に関わる事案が目に付くようになってきました。
私たち日本の国益を守ると同時に、関係諸国と良好な関係を構築する、そうした努力をこれからも続けて
行く必要があると考えます。その為には、ひとりひとりがそうした問題を意識していくことが大切
だと思いますが、皆さんはいかがでしょうか。

  

今回は船で国境線にほど近いところまで視察に行きました。
本当に、すぐそこに国後島がありました。目の前に、です。これが異国の地であるとは想像できません。
過去には祖父が病気のため、代わりに漁に出た高校生が拿捕された事件もありましたが、そうした事件が
後を絶たないのも現地を見ればよくわかります。
少しでも早い解決に向けて、政府もより強力に取り組んでいただきたいと思います。

また北海道議会においても様々な意見交換もさせていただきました。
道議会には北方領土対策委員会が設置され、関係諸団体とも緊密に連携を取りながら対策をとっておられます。
特に滋賀県は返還要求運動には大変熱心に取り組んでいただいていると感謝の言葉もありました。
よりそうした動きが全国各地で広まることを思うばかりです。


根室から札幌へ向かう道中、夕張市役所を訪問いたしました。メロンや映画「幸せの黄色いハンカチ」などで有名です。
ここで今春市長になられた鈴木夕張市長と懇談しました。30歳の大変バイタリティーある、聡明な市長さんです。
皆さんもテレビ等でご存じだと思いますが、東京都から派遣職員として再建のため赴任してこられ、その後の市長選で
初当選されました。
なんと言っても明るく元気の良い市長さんです。市の財政運営は大変厳しい状況の中、頑張っておられます。
炭坑の閉山に伴う整理やその後の観光産業への過度の投資が今日の夕張を作ったと仰っていました。
財政の健全化のために様々な取組もされていますが、すぐに結果が出るものではないと思います。
ただ、市長自らが町へ出向き住民の皆さんと意見交換したり、また全国から派遣職員さんを募集されていますが
これも自治体間の交流をすることで相互の行政向上に役立つとの思いで積極的に取り組んでおられます。
各市・町の方、検討されてはどうでしょう?

    

なんと言っても65歳以上が44.3%という日本一高齢化率が高い夕張市。人口も1960年代11万人あったのが
今では1万人少し。鈴木市長の手腕に期待すると同時に、私個人としてもわずかでも出来ることがあれば取り組みたいです。

2 / 41234

ページの先頭へ

プロフィール

目片しんご 写真

  目片信悟
(めかたしんご)
詳細プロフィール

滋賀県議会議員
・常任委員会:総務・企業常任委員会
・議会運営委員会:議会運営委員会
  • 目方しんごの県政報告
  • 目方しんごの県議会での一般質問の様子
  • 政務活動費 情報公開