• 快適に暮らせる街づくり
  • 教育、子育て環境と高齢者福祉の充実
  • 景気対策と財政再建
  • 郷土の自然と歴史を生かした観光立県
  • その他の話題
  • ご意見・お問合せ

トップページ目片信悟後援会 規約

目片信悟後援会 規約

(名称・事務所の所在地)

第1条
本会は、目片信悟後援会と称し、主たる事務所を大津市北大路一丁目9番26号におく。

(目的)

第2条
本会は、県政発展と県民生活の向上と安定のため尽力している目片信悟氏の政治活動を後援することを本来の目的とし、合わせて会員相互の親睦を深めることを目的とする。

(事業)

第3条
本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
(1)講演会、研修会等の開催
(2)政策の研究及び提言
(3)資料等の作成、配布
(4)その他必要とする事業及び活動

(会員)

第4条
本会は、第2条の目的に賛同し入会を希望するものをもって構成する。

(入会の手続き)

第5条
本会への入会手続きは、所定の入会申込書でもって行う。

(退会の手続き)

第6条
本会への退会手続きは、所定の退会届でもって行う。

(役員)

第7条
本会に、次の役員をおく
(1)会長 1名 (2)副会長 若干名 (3)会計 1名 (4)事務局長 1名 (5)幹事 若干名

(役員の任期)

第8条
役員の任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。

(役員の任務)

第9条
役人の任務は次のとおりとする。
(1)会長は、会務を総括し役員会等を招集するとともに、本会を代表する。
(2)副会長は、会長を補佐し、会長不在の場合はその任務を代行する。
(3)会計は、本会の財務を担当し、すべての会計事務の処理を行う。
(4)事務局長は、本会の事務運営を総括し、役員及び会員との円滑な運営を行う。
(5)幹事は、会務の運営が円滑に進むように協力する。

(顧問及び相談役)

第10条
本会には、顧問、相談役、及び参与を設けることができる。

(役員会)

第11条
会長は、必要に応じて役員会を招集する。

(運営)

第12条
本会は、会費、寄付金その他の収入をもって運営する。

(会計年度)

第13条
本会の会計年度は、毎月1月1日から12月31日までとする。

(補足)

第14条
本規約に定めなき事項については、役員会で決定する。

←目片信悟後援会概要へ戻る

ページの先頭へ

プロフィール

目片しんご 写真

  目片信悟
(めかたしんご)
詳細プロフィール

滋賀県議会議員
・常任委員会:総務・企業常任委員会
・議会運営委員会:議会運営委員会
  • 目方しんごの県政報告
  • 目方しんごの県議会での一般質問の様子
  • 政務活動費 情報公開