• 快適に暮らせる街づくり
  • 教育、子育て環境と高齢者福祉の充実
  • 景気対策と財政再建
  • 郷土の自然と歴史を生かした観光立県
  • その他の話題
  • ご意見・お問合せ

トップページ委員会視察に行ってきました。

テーマ:その他の話題

委員会視察に行ってきました。

委員会視察に行ってきました。

 

今年度の私の所属は、常任委員会が政策・土木常任委員会、そして特別委員会は
行財政対策特別委員会です。
政策・土木においては県の政策を総合的に企画調整する総合政策部と県の土木交通
行政を行う土木交通部にかかる案件の調査、研究を行うものです。
具体的には県有施設の管理運営や各施策の横ぐし的な役目を果たすのが総合政策部であり
河川や道路、また都市計画や交通体系の構築などは土木交通部の役割です。
そんな中、7月26日に総合政策部が所管する男女共同参画センターに施設概要と運営状況
について、また滋賀マザーズジョブステーションの運営状況について調査してきました。
実際に様々な県民が利用されている状況や、男性、女性が共に社会参画しやすい体制や環境
を構築していくために日々努力されていることや、結婚出産後の女性の社会復帰をサポート
する体制をしっかりと確立され取り組まれていました。
反面、社会には様々な価値観があり、その多様性と世の中の変化をしっかりと捉えなければ
ニーズに対応できない場合も出てくるのではないか、とも感じました。
午後からは長浜、米原にある県道施設の調査に伺い、生活道路として、また防災や交通安全
の観点から改築されている県道について見てきました。
以前にも書きましたが、今年度の道路財源については非常に厳しい状況です。が、こうした
県民の生活や安全安心のためのインフラ整備は決してムダではなく、究極は命を守るものです。
引き続き、当局にはそうした認識のもと、しっかりと県政全般においてインフラ整備の重要性を
認識し、優先順位を決めてもらいたいと思います。

また7月19日には、行財政対策特別委員会の県内調査として県有施設である希望が丘文化公園
の視察に行ってきました。私も子どもの頃からよく利用させていただいたところです。
この公園の維持管理について、県民へのサービスの観点、また経営という観点から様々な
意見が出され、今後どのように運営するのか等これからの県有施設のあり方について調査しました。
やはり県有施設とはいえ、よりよい環境と更なるサービスの向上、また付加価値を付けることにより
利用率を上げていくことが大事であり、またネーミングライツなどの意見も出たように収入をいかに
増やすかがこうした施設の維持管理と県民へのサービス向上に繋がっていくと思います。
利用者からは「駐車場料金が高い」など様々な意見があり、逆に言えばそれだけの駐車場代を払っても
行きたくなる施設であって欲しいと思います。
あれだけの広大な敷地と自然環境が豊かで交通の便が良い所はありません。
やはり行政の枠を超えた、新しい発想で運営していかなければ今のような財政状況では継続していくのは
難しいのではないかとも感じます。それこそ県民サービスの低下になるわけで、より一層の意識改革を
求めたいと思います。

コメント

↓コメントをお寄せください。

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

プロフィール

目片しんご 写真

  目片信悟
(めかたしんご)
詳細プロフィール

滋賀県議会議員
・常任委員会:総務・企業常任委員会
・議会運営委員会:議会運営委員会
  • 目方しんごの県政報告
  • 目方しんごの県議会での一般質問の様子
  • 政務活動費 情報公開