• 快適に暮らせる街づくり
  • 教育、子育て環境と高齢者福祉の充実
  • 景気対策と財政再建
  • 郷土の自然と歴史を生かした観光立県
  • その他の話題
  • ご意見・お問合せ

トップページ20114月

テーマ:景気対策・雇用・財政再建

さぁいよいよ、という感じです。

これまでに何度か県庁に足を運びましたが、正式に議員として活動するのは5月2日からです。
この日に今回の選挙で当選した議員の皆さんが全員集まり、顔合わせをすることになります。
私も一応自民党滋賀県議会議員団という会派に所属することになりましたが、26名の仲間とこれから活動して参ります。そのうち、今回初当選の方が11名。年齢も経歴もいろいろ。。。
しかし目的はひとつ、県の発展と県民皆様の幸福の実現。
そのために、すでにいろいろな議論を新人の皆さんと行っています。

 

先日も、今回公約に掲げた報酬、定数の20%削減の件で

 

ある方から「4年かけてボチボチやっていけばええんや」と「んんん???」思わせる言葉があり新人からは「早急に案をとりまとめて議決するべし」との声が。。。
確かに定数は4年後の選挙のことではあるけれども、削減することはすぐにでも決められるはず。
格差が生じないように各選挙区の定数をその後に議論すればいい話で、削減案を決めておかないとまたズルズルでやっぱり出来なかったでは済まされませんからね。

 

出来ることからしっかりやっていく、ではないでしょうか?

 

新人ではあるけれど、それぞれに地方政治に関わったり様々な団体などで活躍された方々ですので即戦力として議会改革を含めてこれから大変楽しみです。

 

私も力まずに他の新人さんに負けないように頑張って参ります。

これからの住まいを考えて

今回の震災を目の当たりにし、これからのまちづくりや防災計画をしっかりと見直さなければいけないと感じたのは、私ひとりだけではないと思います。
選挙期間中も各候補者が防災計画の見直しを訴えておられました。
特にこの東日本大震災では地震、津波、原発、そして風評被害といった複数の被害がありました。
この滋賀におきましても、いつどのような災害がやってくるのか予想がつきません。
私たちは災害に対して、また環境にも配慮しながらしっかりと将来に向けて議論しなければなりません。
ただし、スピード感を持ってすることが求められると思います。

 

私は景気対策や環境への配慮という点で、太陽光発電など環境に優しい取組に対しては固定資産税などの減税を各市等と連携を図りながら導入推進してはどうかと考えておりました。
太陽光発電については、ソーラーパネルなどの発電システムを構築するだけでも多額の費用がかかります。
またバッテリーなど蓄電するには同等の費用もかかるそうです。
そうした設備投資に一定の減税をかけて設置の促進する、という考えでありました。
詳細についてはまだまだ熟慮、議論が必要だと思いますが、やはり何らかの措置をすることで環境への意識向上やまた景気浮揚の一端になると思いますが。

 

少し話が変わりますが、
滋賀県では昨年度に景気対策としてリフォーム助成制度の採択が行われ全会一致で決まったにもかかわらず今年度の予算化は見送られたとの経緯があります。
このことをふまえた上で、私は新たにこのリフォーム助成に加え地震対策として耐震補強、そして太陽光発電についてはエネルギー対策としても考慮すべきであると考えます。
ハード面の整備はしっかりと進めておかなければいけないのではないでしょうか?

 

以上ことから、景気・雇用、環境配慮、安全対策、そしてエネルギー対策という観点で施策を考えたいと思っております。
皆さんはどう思われますか?

新鮮力で頑張ります!

昨日、県庁におきまして当選証書の授与があり、多くの皆様方の期待に身が引き締まる思いの中頂戴して参りました。責任感を持って、常に皆様方の目線で県政に挑んで参ります。
特に選挙期間中、お訴えをして参りました4つの取組をしっかりと推進し、元気な滋賀、輝く滋賀を目指し粉骨砕身、全力投球で取り組みます。
しかしながら、まだまだ未熟者ですので皆様方からの厳しいご指導をお願い申し上げます。
しっかりと努力を惜しまず精進して参ります。

 

また期間中メール等で数々のご提案やご意見を頂戴いたしました。
そうした皆様からの声をしっかりとお聞きし、少しでも改善、また推進していけるよう頑張ります。

ページの先頭へ

プロフィール

目片しんご 写真

  目片信悟
(めかたしんご)
詳細プロフィール

滋賀県議会議員
・常任委員会:総務・企業常任委員会
・議会運営委員会:議会運営委員会
  • 目方しんごの県政報告
  • 目方しんごの県議会での一般質問の様子
  • 政務活動費 情報公開