• 快適に暮らせる街づくり
  • 教育、子育て環境と高齢者福祉の充実
  • 景気対策と財政再建
  • 郷土の自然と歴史を生かした観光立県
  • その他の話題
  • ご意見・お問合せ

トップページ2014

テーマ:教育・子育て・医療・福祉

日本PTA全国研究大会 長崎大会に参加してきました。

今年は国民体育大会が開催される長崎県で行われ、全国各地より8000名を超える会員また関係者が集いました。 組織運営や生涯学習、地域などさまざまな課題について、意見発表やパネルディスカッションなど分科会形式で行われ、大津のメンバーも参加してきました。 特に長崎では平和について改めて考え、またこれからの子どもたちにもしっかりと伝えていかなければと思いました。 PTAの存在価値と今後の家庭教育、また学校教育のあり方などもう一度見つめ直さなければいけないかもしれません。

2014年7月定例会議が終わりました。

8月12日に7月定例会議が各議案の採決を行い、閉会いたしました。 今議会では2つの請願と4つの意見書が出され、特に私が今年2月の定例会でも取り上げた手話言語条例に関わる、手話言語法の制定を求める意見書が採択されました。 聴覚障がい者やろう者の皆さんにとって手話は、私たちが話す言葉同様に言語である、ということを明確に法や条例によって位置づけることは 大変重要であると思います。 また、行政サービスの様々な場面においてもそうした方達にハンデがあってはなりません。特に近頃では犯罪や災害によって危険にさらされる事も決して少なくないのが実情です。社会的弱者と言われる皆さんが少しでも安心して暮らせる社会の実現こそが私たちの大きな役割のひとつでもあります。 そのための財源確保も合わせて、今後も活動を続けて参ります。

2014年7月定例会議 会派代表質問を行いました。

7月25日に開会した定例会議での各会派による代表質問が29日に行われました。 今回は私たち会派も含め、4会派から三日月知事に対して初めての代表質問です。 自民党颯新の会は 1・知事の政治姿勢と県政運営について 2・景気対策と財政再建について 3・危機管理について 4・エネルギー政策について 5・子育て支援について 6・教育政策について 7・国民体育大会について 8・防犯と治安について の8項目について知事に対し、その考えを質しました。 知事就任直後ということもあり、具体的な取り組みについては今後9月定例会議以降に改めて議論するとして、基本となる方向性や考え方がどのようなものか、質問いたしました。 詳細については本サイト並びに折込、また本サイトから録画もご覧になれるようにいたします。 感想として、同世代ということもあり、しっかりと私たちの考えや県民の思いを伝えて参ります。 無用な争いをするつもりはありません。以前にも言いましたが、県民のための議論を進めます。もちろん、知事にも議会にも県民のための県政であることを認識して、責任ある行動を取っていきますので、どうかご期待ください!

三日月県政がいよいよ始まります!

嘉田由紀子知事が勇退され、新たに三日月新知事が誕生しました。 私も3年余りの短い期間でありましたが、さまざまな議論を嘉田知事とはさせていただきました。改めて、2期8年間お疲れ様でした。そして新たに三日月知事と県議会において県政課題についてしっかりと議論を交わしたいと思います。 7月25日からはいよいよ7月定例会議が始まります。 私たち自民党颯新の会は、滋賀県が抱える課題の検証と解決、また未来に向けて『滋賀』の存在感と県民の満足度をより向上させるために何ができるか、そしてどうするか、を常に考え議会での役割をしっかりと果たしてまいりたいと思います。 まずは代表質問です。今、頭をひねらせながら質問原稿と向き合っています!

防災訓練に参加しました!

6月1日、大津市全域で行われた総合水防訓練に大津市消防団晴嵐分団の一員として訓練に参加しました。 昨年の台風18号においては、大津市においても甚大な被害を受けました。こうした災害に対して、日頃からしっかり訓練を行い、いざという時のために備えておくことは非常に大事なことだと思います。 消防団員だけでなく、地域の自主防災組織の皆さんも参加され、土のうの作り方から積む作業まで、大変暑い中皆さんがんばっていただきました。 いざという時には、こうした日頃の訓練がものを言うと思いますね。 備えあれば憂いなし!です!

20140613-025517-10517087.jpg

新会派を立ち上げました。

皆さんこんにちは。 一部報道で既にご承知と思いますが、昨年12月に新会派、自民党 颯新の会 を立ち上げました。メンバーは長浜市選出の青木甚浩議員、草津市選出で副議長である山田和宏議員、そして私の3名です。 早速にこの2月定例会において、会派の信条である信念ある行動!に基づき様々な議案について対応しました。颯新とは、きびきびとした様、また従来の感覚にとらわれず、爽やかに筋を通していこうという想いを込めています 今2月定例会におきまして、2014年度予算、また各条例案に対し、しっかりと議論させていただきました。懸案であった流域治水を推進する条例案も、2度の継続審議を経て無事に成立いたしました。 また議員定数を削減する条例案については、定数検討委員会が出した44名(旧法定数51名)では3年前に私たち自民党の公約として2割削減をお約束したことに反するため、私たち颯新の会は41名を主張していることから反対しました。

ページの先頭へ

プロフィール

目片しんご 写真

  目片信悟
(めかたしんご)
詳細プロフィール

滋賀県議会議員
・常任委員会:総務・企業常任委員会
・議会運営委員会:議会運営委員会
  • 目方しんごの県政報告
  • 目方しんごの県議会での一般質問の様子
  • 政務活動費 情報公開